Books - Power of Life-

「生きる力」の可能性。

iCloudDriveよりUSBメモリーを使うようになった件

こんにちは!

 

早速ですが、

最近、iCloudDriveよりUSBメモリを使うようになりました!

 

普通逆でしょうって?iCloudDriveどこ行ったんじゃ!って。

時代が逆行しているようですが、UBSメモリーUSBメモリーでの良さがあるのです!

 

なぜ、iCloudDriveをやめてUSBメモリーにするようにしたのか.。

 

まず、iCloudDriveのメリットについて書いていきます〜。

  1. Webを開くだけでどこでも持ち運べる
  2. (どこでもドア〜)
  3. USBメモリー不要
  4. (忘れ物防止)
  5. 色々な端末から使用可能
  6. (スマートフォンなどからアクセス)

 

便利ですね〜。iCloudDrive、どこでもデータが開ける画期的なシステムだと思いますね〜。

 

そう思って、最初のうちは使っていました。

 

が、しかし!

 

気がついたらUSBメモリーを使っていました...。(現在の姿)

 

では、その要因を挙げていきます。

  1. アクセスに時間がかかる
  2. (Web開いて、アクセスして、ファクター認証して...。それよりもUSBメモリーを挿した方が早く感じた)
  3. iCloudDriveに容量制限がある
  4. (5GBまでは無料。容量追加で料金が発生する)
  5. ジャンル分けしにくい
  6. (個人的ですが、USBメモリーの方がジャンルが明確に分けられる)

 

いかがでしょうか。私としては、特に「1.アクセスに時間がかかる」が大きい要因です。

 

確かに、iCloudDriveはUSBメモリーを持ち歩かなくて済むし、ファクター認証は個人情報を守る上で大切な機能だと思います。

 

しかし、ログインして、ファクター認証して...。に時間がかかってしまうのは、アクセスに手間がかかってしまうことにも繋がります。

 

そのため、USBメモリーをさっと挿した方がさっとファイルも開けて、さっと作業も始められるかと思います。(さっさっさっ)

 

そのような理由からUSBメモリーの方が使い勝手が良いという結論に至りました。

 

「やっぱりUSBメモリーだよねー。」とか「いやいや、iCloudDriveの方が使いやすいよ!」という意見があればぜひコメントください。

 

今回はここまでにします〜。

 

ありがとうございました!!